働き方改革6つのポイント 建設会社に若手社員が定着するための取り組み



・予定通りに工事が進まず、
 社員の残業や休日出勤が増えている

・社員の負担を金銭で処理しようとすると
 会社の業績に影響が出る

・若手社員の定着率を上げたい

・働き方改革を進めたいが、
 自社に合った労働規則がわからない

このような経験はないでしょうか?

KKC関西支部3月例会では、
NPO法人建設経営者倶楽部の理事⾧を勤める
ハタ コンサルタント株式会社 代表取締役 降籏達生氏に
「働き方改革6つのポイント」と題してご講演いただきます。

人材育成の中でも離職率の改善につながり、かつ
技術者としての基礎が構築される入社から5年までの
人材育成に焦点を当て、定着率100%にするための
人材育成6つのポイントについてお話しします。

経営者、経営幹部の皆さんが、人事、教育担当者と一緒に
参加されることをお勧めします。

 

 講演内容 

1.【建設会社の人財育成6つのポイント】
待遇よく、安心して、仲良く働き、人が育つ会社作りのコツについてお話します。
2.【建設技術者人財育成の基本】
育成なくして指導なし、「人を育てる」より「人が育つ」会社を作る方法についてお話します。
3.【5年で一人前に育てる方法】
必要能力一覧表を活用した人材育成についてお話します

スケジュール

14:30 ~受付開始
15:00 ~15:30 挨拶・紹介
15:30 ~17:00 講演
17:00 ~17:30 質疑応答

  
 
 





講師プロフィール



降籏 達生

ハタ コンサルタント株式会社 代表取締役


1961年、兵庫県神戸市生まれ。
83年に大阪大学工学部土木工学科を卒業後、熊谷組に入社。
ダム工事、トンネル工事、橋梁工事など大型工事に参画。
阪神淡路大震災にて故郷兵庫県神戸市の惨状を目の当たりにして開眼。
建設コンサルタント業を始める。


建設技術者研修20万人、現場指導5000件を超える。
建設の専門家としてテレビ、ラジオ、新聞取材多数。
国土交通省「地域建設産業生産性向上ベストプラクティス等研究会」、
「キャリアパスモデル見える化検討会」、
「建設業イメージアップ戦略実践プロジェクトチーム」、
「多能工育成・働き方改革等検討会」の委員を歴任。





例会開催概要


会場

三宮コンベンションセンター

(兵庫県神戸市中央区磯辺通2-2-10 ワンノットトレーズビル5F)


日時 2022年3月8日 15:00~17:30
参加費 5,000円/人(KKC会員は2名まで無料)
対象者 中小建設会社の経営者、幹部、後継経営者、将来経営者になる予定の方


一般参加申込みフォームはこちら