会社を倒産の危機から救った3代目経営者が語る

原価管理と工程管理で粗利益を3倍にする方法

東京で学校を卒業した3代目経営者である石岡さん。

祖父が創業した北海道の建設会社に戻ったときには、

会社は資金繰りがたいへんな状態でした。
 
銀行から後を任された石岡さんが行ったことは、工程管理でした。
 
それまでバーチャートで書いていた工程表を、
ネットワーク工程表を用いるように指導。
現場担当者に何度も何度も工程表を書き直させることで
工程管理、そして原価管理を徹底して改善しました。
 
しかしベテラン施工管理技術者は石岡さんに猛反発。
そのとき石岡さんが行ったことは・・・
 
 
粗利益3倍に急増させた3代目経営者に現場管理の要諦を語っていただきます。




講師プロフィール



株式会社石岡組 専務取締役 石岡 秀貴 様

北海道松前郡福島町生まれ。


帝京大学にて箱根駅伝を目指す。 


建設系専門学校卒業後、家業である石岡組入社。

専務取締役に就任。

2016年国土交通省「地域建設産業生産性向上ベストプラクティス等研究会」委員を歴任。





例会開催概要


会場

ミッドランドスクエア オフィスタワー5F 会議室A
名古屋市中村区名駅四丁目7番1号 名古屋駅より徒歩5分


http://www.midland-hall.com/access/index.html

日時 2016年12月13日(火) 15:00~18:00
参加費 5,000円/人(KKC例会に初めて参加される会社の方は3,000円、KKC会員は社員2名まで無料、KKC会員が紹介する建設会社経営者、経営幹部の方は初回に限り参加無料)
対象者 中小建設会社の経営者、幹部、後継経営者、将来経営者になる予定の方 ※経営者と工事部課長が一緒に参加すると効果的です


一般参加申込みフォームはこちら