広報で伸びる会社経営

~229名のBtoB企業がメディアを通じて市場を開拓するまで~

東邦レオ株式会社は都市緑化や断熱資材の開発・販売・施工業務を行っていますが、一般消費者に対しては知名度が高くない企業でした。

しかし近年、広報努力などにより、主要な新聞・テレビ・雑誌で毎月のように取り上げられています(この3年間で300件以上)

BtoB企業がメディアに出ることは、これまでそれほど重視されてきませんでした。しかし、東邦レオは生活空間の提案をメディアで訴求ことによって、新たな市場を開拓することにつながっています。なぜなら、消費者からの指名貰いにより、納品先からの引き合いが増加しているからです。

このようなBtoB企業がどのようなアプローチ、切り口によって取材を誘致し、それを社内にどう反映させているかを、具体的な実例をもとに熊原様からお話しいただきます。





講師プロフィール



東邦レオ株式会社 広報担当 熊原 淳 (日本パブリックリレーションズ協会認定 PRプランナー)

<熊原淳プロフィール>
1972年生まれ。埼玉県出身。東邦レオ株式会社に新卒で入社。


緑化資材の営業、設計事務所へのPRなど9年の実務経験の後、自社内に広報部門を自ら立ち上げ現在に至る。


スケッチブックを用いたオリジナルの紙芝居広報を実践しており、紙芝居きっかけのメディア露出は多数。


広報ネットワークを活かし、東京・名古屋・大阪・福岡において積極的に広報活動を実践。日本パブリックリレーションズ協会認定「PRプランナー」。




例会開催概要


会場

名古屋国際センタービル 第2研修室


愛知県名古屋市中村区那古野一丁目47番1号
名古屋国際センタービル 3階
http://www.nic-nagoya.or.jp/japanese/nicnews/aramashi/nicaccess

日時 2017年2月21日(火) 15:00~18:00
参加費 5,000円/人(KKC例会に初めて参加される会社の方は3,000円、KKC会員は社員2名まで無料、KKC会員が紹介する建設会社経営者、経営幹部の方は初回に限り参加無料)
対象者 中小建設会社の経営者、幹部、後継経営者、将来経営者になる予定の方


一般参加申込みフォームはこちら