"テレビ東京「カンブリア宮殿」、NHK「プロフェッショナル」、月刊『致知』等メディア多数出演

感動分岐点 を超えて、業績を上げる ~大藤移植に成功した樹木医が語る~

 

 樹木医でありながら、はままつフラワーパーク、あしかがフラワーパークの再建に尽力した塚本こなみさん。
閉園寸前まで追い込まれたフラワーパークを、技術力、職人のやる気を引きだすこと、
さらにはお客様の「感動」を超える仕組みを作り出すことで短期間でよみがえらせました。
 塚本さんの手法を知り、建設業 業績アップの方法を学びましょう。

 

 

ここで、塚本さんがメディアで伝えた内容の一部をご紹介いたします。

“いろいろある”でなく“圧倒的”を1つ作ればいい
2015年4月30日放送 テレビ東京「カンブリア宮殿」より 

 
「花を咲かすことができない人は、何十年やっても下手くそ。花を咲かせてから文句を言え。 」
 2015年4月30日放送 テレビ東京「カンブリア宮殿」より
 
 「あなたがやる仕事を見て、 お客様は喜ぶの?」 と常に自分に問い掛けるよう呼びかけています。
 『致知』2014年9月号 特集「万事入精」より 
 
人間には「この程度では感動しない」という境目があるが、そこを越えれば必ず人は集まってくる。 
『理念と経営』2015年9月号より
 
 「なんでもある、は何もないのと同じ」。…「世界一美しい 桜とチューリップの庭園」を従業員に提示した。
 『理念と経営』2015年9月号より
 
 ひとつの問題が分かると、またもうひとつ、別の分からない問題にぶつかる。だからこそやりがいがある。
一生究められないかもしれないけれど、いつか究めてみたい。
 2006年5月25日放送 NHK「プロフェッショナル」より
 
※ 感動分岐点とは…経営用語の損益分岐点と同じように、このくらいなら感動しないけれども、それを超える何かを提供すると感動が心の中に染み入る、という分岐点があるという考え(『致知』2014年9月号 特集「万事入精」より)





講師プロフィール



公益財団法人 浜松市花みどり振興財団 はままつフラワーパーク 理事長 塚本 こなみ

1949年静岡県磐田市生まれ。造園業を営む夫の仕事を手伝ううちに、樹木の世界に足を踏み入れ、1級造園施工管理技士を取得。92年女性初の樹木医資格取得。93年造園、緑化、樹木の保護などを事業とする自信の会社を設立。96年あしかがフラワーパークの大藤移植を成功させ、99年同パーク園長に就任。




例会開催概要


会場

キャッスルプラザ 4階 梓の間
(愛知県名古屋市中村区名駅4丁目3−25  名古屋駅より徒歩5分)


地図はこちら
http://www.castle.co.jp/plaza/access/index.html


(情報交換会ではアルコールを含む軽食をご提供します。公共交通機関でお越しください。)

日時 2016年4月22日(金) 13:00~17:30
参加費 5,000円/人(KKC例会に初めて参加される会社の方は3,000円、KKC会員は社員2名まで無料)
対象者 建設会社の経営者、幹部、後継経営者、将来経営者になる予定の方


一般参加申込みフォームはこちら