社会で誇るべき建設会社になるためにはどうすればよいか

人にやさしい建設会社とは

建設業の働き方改革が進んでいます。
 残業を減らす、休日を増やすなど人にやさしい経営に
 取り組む必要性が高まっています。

 一方、自然相手に行う建設工事現場では
 絵に描いたような働き方改革がなかなか進まないのも事実です。

 KKC12月例会の講師には
 ベストセラー『日本でいちばん大切にしたい会社』の著者である
 坂本光司先生に「人にやさしい建設会社とは」と題して
事例を含めてお話しいただきます。

 坂本先生は大切にすべき人として
 社員とその家族とともに協力会社とその家族も
 含めるようおっしゃっています。
 つまり自社と社員だけでなく、

工事現場で一緒に働く協力会社の社員ともども
 幸せにする必要があるのです。

 社会で誇るべき建設会社になるためには
 どうすればよいかを一緒に考えましょう。

 チラシはこちらからダウンロードできます。

 

次回例会:KKC2月例会はこちら

(2018年2月23日(金曜日)15:00~18:00)

 





講師プロフィール



法政大学大学院政策創造研究科教授、同大学院静岡サテライトキャンパス長 坂本 光司

 1947年、静岡県出身。1970年法政大学経営学部卒業。静岡文化芸術大学文化政策学部・同大学院教授等を経て現職。他に、人を大切にする経営学会会長等、公務多数。主な著書は『日本でいちばん大切にしたい会社1.2.3.4.5』(あさ出版)『日本の「いい会社」地域に生きる会社力』(ミネルヴァ書房)『利益を追わなくなると、なぜ会社は儲かるのか』(ビジネス社)『さらば価格競争 非価格経営に取り組む21社の実践』(商業界)『「日本でいちばん大切にしたい会社」がわかる100の指標』(朝日新聞出版)など。中小企業経営研究の第一人者として、これまで8,000社を超える企業への訪問調査・アドバイスを行う。




例会開催概要


会場

ミッドランド会議室B


450-6205 愛知県名古屋市中村区名駅四丁目7番1号
ミッドランドスクエア オフィスタワー5F【アクセス

日時 2017年12月8日(金曜日) 15:00~18:30
参加費 5,000円/人(KKC例会に初めて参加される会社の方は3,000円、KKC会員は社員2名まで無料)
対象者 中小建設会社の経営者、幹部、後継経営者、将来経営者になる予定の方


一般参加申込みフォームはこちら